年譜Biography

  • 1943年1月24日

    0歳

    絹谷政幸、ヒデの長男として奈良県奈良市元林院町に生まれる。姉、章子[ルビ:あやこ]がいる。
    「家は猿沢池畔に古くからある料亭[明秀館]で、白樺派の作家、東大寺の上司海雲ら文人墨客、アンドレ・マルローら著名人が訪れ、祖父が集めた多くの古美術品に囲まれて育った」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、125頁)

  • 1950年4月1日

    7歳

    奈良学芸大学(現・奈良教育大学)附属小学校に入学。

  • 1956年4月

    13歳

    奈良学芸大学附属小学校を卒業し、奈良学芸大学附属中学校に入学。中学生になり絵に本格的に取り組み、奈良県展に入選し、林武・鳥海青児・海老原喜之助の絵に惹かれてゆく。
    「子供の頃から優等生で、いつもクラスでトップだったが、猛烈な野球小僧、腕白坊主であった。物心ついたときから絵筆をとり、小学校一年の頃から担任の西岡義一先生に絵の手ほどきを受けた。また、少年時代からカメラを手にしていた。」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、125頁)
    「中学、高校を通じて美術部と野球部に籍を置く」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、125頁)

  • 1956年11月

    13歳

    奈良県美術展に油彩《ピアノのある静物》を出品、入選。

  • 1958年

    14歳

    独立展(独立美術協会展)に落選。

  • 1959年3月

    16歳

    奈良学芸大学附属中学校を卒業。

  • 1959年4月

    16歳

    奈良県立奈良高等学校に入学。入学して間もなく美術大学受験に向けて準備を始め、1年生の秋には独立美術協会展に出品するが、落選する。

  • 1962年3月

    19歳

    奈良県立奈良高等学校を卒業。

  • 1962年4月

    19歳

    東京藝術大学美術学部油画科に入学。合格の報告をした鳥海青児に「絵はうまくっちゃいけない」とアドバイスをうける。
    「最終的に東京芸大を目指したのは、関東の粗けずりな文化に魅力を感じ、奈良の古い文化を出たかったからだ。」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、125頁)

  • 1964年

    21歳

    古美術研究旅行で法隆寺にいき、焼け残った金堂壁画の迫力に圧倒される。この体験がきっかけとなり、大学院では壁画を専攻することになる。

  • 1964年

    21歳

    イタリアの壁画家、ラジ・セコンドを通じて古典アフレスコ画法を知る。

  • 1966年2月

    23歳

    東京藝術大学卒業制作展(東京都美術館)にスキューバダイビングでの海の底の印象を描いた《蒼の間隙》《自画像》を出品、《蒼の間隙》で大橋賞を受賞。

  • 1966年3月

    23歳

    東京藝術大学美術学部絵画科(油画科、小磯良平教室)を卒業。

  • 1966年4月

    23歳

    東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻(壁画)に入学。島村三七雄教室でアフレスコ古典画の研究を行う。

  • 1966年10月

    23歳

    独立美術協会第34回展(上野公園・東京都美術館)に《蒼の錯綜》《諧音の詐術》が初入選し、独立賞を受賞。
    「独立展には中学三年の頃に一度出品し、落選したことがあった。独立展にあこがれ、欲しくて欲しくてならなかった独立賞を受賞できたので、本当に嬉しかった」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、126頁)

  • 1966年10月

    23歳

    第1回中央美術団体受賞作品展(現在の現代美術選抜展)に《諧音の錯綜》《諧音の詐術》を招待出品。

  • 1967年5月

    24歳

    第6回独立美術選抜展(東京都美術館)に《幻影の跡》を出品。

  • 1967年10月

    24歳

    独立美術協会展第35回(東京都美術館)に《蒼の轢断》《諧音の跡》を出品、再び独立賞を受賞。

  • 1967年10月

    24歳

    第2回現代美術選抜展に《蒼の轢断》《諧音の跡》を出品。

  • 1968年3月

    25歳

    東京藝術大学大学院を修了。4月、同大学副手となる。

  • 1968年5月

    25歳

    第7回独立美術選抜展(東京都美術館)に《蒼い風》を出品。

  • 1968年10月

    25歳

    第36回独立展(東京都美術館)に《蒼の壊乱》《褪紅の岨》を出品。独立美術協会会員となる。以後毎回出品。
    「三回の出品で、最短、最年少での会員推挙だった。」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、126頁)

  • 1969年3月

    26歳

    第12回安井賞展(池袋・西武百貨店)に《蒼の壊乱》を推薦出品、入選。

  • 1969年5月

    26歳

    第8回独立美術選抜展(東京都美術館)に《蒼の回折》を出品。

  • 1969年7月

    26歳

    グループU展(池袋・西武百貨店)に《蒼》などを出品。

  • 1969年10月

    26歳

    第37回独立展(東京都美術館)に《蒼の隔絶》《蒼の風跡》を出品。

  • 1970年7月

    27歳

    絹谷幸二個展〈命の虚構〉(銀座・資生堂ギャラリー)開催。《偏光の影》《蒼の記憶》など23点を出品。以後ほぼ毎年個展を開催し、独立展とともに制作発表の中心となる。

  • 1970年7月

    27歳

    壁画展(丸の内・サヱグサ画廊)に出品。

  • 1970年7月

    27歳

    グループたの会結成。同グループ展(東和画廊)に出品。

  • 1970年8月

    27歳

    東京藝術大学副手を辞任。この年、東京藝術大学壁画科でアフレスコ画の集中講義が行われ、来日したヴェネツイア・アカデミアのブルーノ・サエッティ教授から留学の招待をうける。

  • 1970年8月

    27歳

    新樹会第24回展(日本橋・三越本店)に《蒼の破綻》《蒼の破風》を招待出品。以後1973年まで毎回招待出品。

  • 1970年10月

    27歳

    絹谷幸二個展(奈良有楽会館)開催。

  • 1970年10月

    27歳

    第38回独立展(東京都美術館)に《何故か》《蒼の記憶》を出品。

  • 1971年

    27歳

    阪田京一と二人展(天満屋)開催。

  • 1971年3月

    28歳

    大井宏美と結婚。

  • 1971年3月

    28歳

    71新鋭選抜展(日本橋・三越本店)に《記憶の跡》を選抜出品、優秀賞を受賞。

  • 1971年3月

    28歳

    イタリアに私費留学。ヴェネツイア・アカデミアの三年次に入学、ブルーノ・サエッティ教授のもとでアフレスコ古典技法および現代アフレスコ画の研究に取り組む。
    「イタリアでは古典に囲まれて勉強したが、その古さだけでなく、その本質と新しいイタリアのセンスを勉強できた。ヨーロッパ各地を旅行し、古典では、ピエロ・デ・ラ・フランチェスカやジョットーの壁画に特に感銘を受け、模写もたくさんした。」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、126-127頁)

  • 1971年8月

    28歳

    スペインなどヨーロッパ各地を旅行。

  • 1971年8月

    28歳

    新樹会第25回展(日本橋・三越本店)に《stmattina》《pomeriggio》を招待出品。

  • 1971年10月

    28歳

    第39回独立展(東京都美術館)に《non essere carne ne pesce》を出品。

  • 1971年12月

    28歳

    ベビラアックア・ラ・マーサ財団主催展に連作《りんご飛行》を出品、ラ・マーサ賞を受賞。この作品はヴェネツイア近代美術館の買い上げとなり、同美術館での個展開催権を得る。

  • 1972年

    28歳

    この年《室内の人》あたりから、色面の輪郭を黒で描く手法が画面に表れる。

  • 1972年5月

    29歳

    ミラノ・ヴォルゴニォーボ画廊との専属契約を断る。

  • 1972年5月

    29歳

    絹谷幸二個展(ミラノ・スコットランドハウス)開催。

  • 1972年6月

    29歳

    INCONTRO A MOTOVUN展(旧ユーゴスラヴィア)に《モトヴンの月》を出品、パジョン美術館に買い上げられる。のち1973年、1978年にも出品。

  • 1972年8月

    29歳

    新樹会第26回展(日本橋・三越本店)に《アモーレ》《マリア》を招待出品。

  • 1972年9月

    29歳

    第11回国際形象展(日本橋・三越本店)に《風》などを招待出品。以後最終の第25回展(1986年)まで毎年招待出品。

  • 1972年10月

    29歳

    第40回独立展(東京都美術館)に《NELLA CAMERA》《VENEZIA》《室内Ⅱ》出品。

  • 1973年1月

    30歳

    絹谷幸二個展(ヴェネツイア・カバリーノ画廊)で《りんごのある風景》《室内Ⅰ》など40余点を展示。

  • 1973年6月

    30歳

    ヴェネツイア・アカデミアを修了。

  • 1973年7月

    30歳

    高松塚古墳の保存対策にあたるため文化庁からローマ中央修復研究所へ派遣され、モーラ教授夫妻のもとで壁画保存の研究を行う。

  • 1973年9月

    30歳

    絹谷幸二個展(ヴェネツィア市立美術館)開催、《りんご飛行》の連作を発表。

  • 1973年9月

    30歳

    2年半のイタリア滞在をへて帰国。

  • 1973年9月

    30歳

    長男・幸太生まれる。

  • 1973年10月

    30歳

    文化庁による奈良・高松塚古墳第三次調査に保存対策委員として石室内調査にあたる。

  • 1973年10月

    30歳

    第41回独立展(東京都美術館)に《パトリッツィアの肖像》《LA MERA》を出品。

  • 1973年11月

    30歳

    絹谷幸二滞欧作品展(銀座・彩壺堂サロン、同分室)開催。ジョット、ウッチェロ、ピエロ・デッラ・フランチェスカなどの古画模写14点と《アンセルモ氏の肖像》《トルソーの涙Ⅰ》《サン・アンジェロ広場にて(ヴェネツィア・春)》など滞欧作20点を出品。
    「ちょうど絵画ブームが終わった直後であり、日本でやっていけるものか、不安もあった。しかし、ブームの存在自体も知らず、それに浮かれることなく絵と真摯に立ち向かった結果は、比較的早く認められることとなり、幸いだった」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、127頁)

  • 1974年2月

    31歳

    東京藝術大学出身者による上野の森85年の歩み展(洋画の部)(東京セントラル美術館)に《室内Ⅰ》《回り舞台》を出品。

  • 1974年3月

    31歳

    第17回安井賞展(池袋・西武百貨店)に《アンセルモ氏の肖像》《トルソーの涙Ⅰ》を出品。《アンセルモ氏の肖像》で安井賞を歴代最年少で受賞。《アンセルモ氏の肖像》は東京国立近代美術館買上げとなる。
    「僕は独立の常任委員で、会員の絵を推薦する立場だったし、僕の絵が安井賞向きとは思わなかったので、まさか受賞できるとは思わなかった。受賞を知ったときは、妻と抱き合って、飛び上がって喜んだ。安井賞をもらわなければ、もう一度イタリアに行っていたかも知れない。」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、127-128頁)

  • 1974年5月

    31歳

    絹谷幸二個展(奈良文化会館)開催。《ジョット「ユダの接吻」模写》などを出品。《ジョット「ユダの接吻」模写》は奈良県立美術館の買上げとなる。

  • 1974年10月

    31歳

    第42回独立展(東京都美術館)に《サンドラ嬢の肖像》を出品。

  • 1975年5月

    32歳

    第11回現代日本美術展(東京都美術館)に《室内Ⅰ》《アンセルモ氏の肖像》《サンドラ嬢の肖像》を招待出品。

  • 1975年7月

    32歳

    次男・健二生まれる。

  • 1975年8月

    32歳

    絹谷幸二個展(福山・イマヰ画廊)開催。

  • 1975年10月

    32歳

    第43回独立展(新・東京都美術館)に《ダリア・ガナッシィーニの肖像》を出品。

  • 1975年10月

    32歳

    《少女フランソワーズの肖像》《月曜日のクリスティーナ》制作。

  • 1976年3月

    33歳

    6人6様展(新宿・椿画廊)に出品。

  • 1976年10月

    33歳

    独立美術協会第44回展(東京都美術館)に《アンジェラと蒼い空Ⅱ》を出品。

  • 1976年10月

    33歳

    O氏賞記念展(東京セントラル絵画館)に出品。

  • 1976年10月

    33歳

    絹谷幸二作品展(銀座・彩壺堂サロン)開催され《室内》《少女イザベェラ》《アンジェラと蒼い空Ⅱ》《サンドラ嬢の肖像》《ダリア・ガナッシィーニの肖像》など29点を出品。

  • 1976年12月

    33歳

    絹谷幸二個展(名古屋・伽藍洞ギャラリー)開催。

  • 1976年12月

    33歳

    日本洋画商協同組合展に出品。以後毎年出品。

  • 1977年1月

    33歳

    煌会(札幌)に出品。

  • 1977年1月

    33歳

    独立十人会(大阪)に出品。

  • 1977年1月

    33歳

    パノラマ'77=日本画壇の全貌展(東京セントラル美術館)に《歌うクラウディア》を出品。以後1983年まで毎回出品。

  • 1977年2月

    34歳

    顔派展(和光・銀座)に出品。

  • 1977年2月

    34歳

    《アンジェラと蒼い空Ⅱ》が昭和51年度文化庁買い上げ優秀美術作品に決定。

  • 1977年4月

    34歳

    《室内》を池田20世紀美術館が買上げ。

  • 1977年5月

    34歳

    第1回具象現代展(上野・松坂屋)に招待出品、以後出品を重ねる。

  • 1977年6月

    34歳

    第14回太陽展〈明日への太陽〉(銀座・日動画廊)に《ばら(サン・ジョルジュ・マジーレ遠望)》《ばら、炎々》を招待出品。以後、日動展、ミニヨン展、紅霜展、サロン・ド・アブリル展、風林会展などに出品を重ねる。

  • 1977年6月

    34歳

    絹谷幸二個展(大阪・ギャラリー風)開催。

  • 1977年7月

    34歳

    絹谷幸二個展(銀座・ワールドアートサロン)開催。

  • 1977年7月

    34歳

    『古典画法の生かし方-アフレスコ技法』(アトリエ出版)刊行。

  • 1977年10月

    34歳

    第45回独立展(東京都美術館)に《蒼空のある自画像》出品。

  • 1977年10月

    34歳

    文化庁昭和52年度(第11回)芸術家在外研修員に選ばれ渡航。研修目的は<イタリア等で古典壁画技法の研究及び現代美術への可能性について>。メキシコを経由してボストン、ニューヨークに寄り、ルフィーノ・タマヨと壁画運動について歓談。のちヨーロッパに渡り、モーラ教授、ブルーノ・サエッティ教授に再会。

  • 1978年

    34歳

    この年、《夢・ヴェネツイア カーレ・デッラ・マンドラ》制作。

  • 1978年6月

    35歳

    イタリア・マニフェスト展(ヴェネツィア)にシルク・スクリーンによる個展ポスターを出品。マニフェスト賞を受賞し、ヴェネツイア・ビエンナーレ買上げとなる。

  • 1978年8月

    35歳

    ギリシア、クレタ島を旅行。

  • 1978年9月

    35歳

    旧ユーゴスラヴィア・パジョン美術館の招待により、版画(限定100部)を制作、同館に収蔵される。

  • 1978年10月

    35歳

    帰国。

  • 1978年10月

    35歳

    第46回独立展(東京都美術館)に《愛Ⅱ》を出品。

  • 1978年12月

    35歳

    会津若松・東山パークホテルの壁画《炎・炎》を制作。以後、日本各地で多くの壁画の制作を手掛けることになる。

  • 1978年12月

    35歳

    渡欧中、絹谷の乗っていたバスが爆破され首相モローが暗殺された。この事件をもとに《緑にしみる悲しみ》を制作。

  • 1979年1月

    35歳

    《愛Ⅱ》(第46回独立展出品作)を東京都美術館が買上げ。

  • 1979年2月

    36歳

    第1回明日への具象展(日本橋・髙島屋)に《月曜日のクリスティーナ》を招待出品。以後1984年まで毎回出品。

  • 1979年3月

    36歳

    爽樹会(銀座・フジ・インターナショナルアートギャラリー)に出品。以後毎年出品。

  • 1979年4月

    36歳

    絹谷幸二滞欧作品展(池袋・西武百貨店)開催。《カーラ・モニカ》《エリザの像》《少女モニカ》《舞台の人》など大小20余点を出品。

  • 1979年5月

    36歳

    奥谷博、芝田米三、林敬二、松本英一郎、山本正らとともに独立美術協会中堅会員11名による「十果会」を結成し、第1回展(日本橋・髙島屋)を開催。《炎々》《光る海(ドブロニク・ユーゴスラヴィア)》を出品。以後毎回出品。

  • 1979年5月

    36歳

    飛鳩会(東京・大阪フォルム画廊)に出品。

  • 1979年5月

    36歳

    今日のイメージ展(秋田県立美術館)、サロンドアブリル展(銀座・日動画廊)に出品。以後毎年出品。

  • 1979年6月

    36歳

    第2回現代の裸婦展(銀座・日動画廊)に《花かざす少女》を招待出品。以後出品を重ねる。

  • 1979年7月

    36歳

    われらの時代展に《緑色の大地》を出品。

  • 1979年8月

    36歳

    台湾を旅行、故宮博物院を訪れる。

  • 1979年10月

    36歳

    近代イタリア美術と日本〈作家の交流をめぐって〉(大阪・国立国際美術館)に《サンドラ嬢の肖像》《裸婦》が出品される。

  • 1979年10月

    36歳

    第47回独立展(東京都美術館)に《みなみ風の日(風紋)》を出品。

  • 1979年10月

    36歳

    第1回絹谷幸二展(銀座・日動画廊)が開催され、《夢・ヴェネツイア(カーレ・デッラ・マンデラ)》《光る海(ユーゴスラヴィア・ドブロブニク)》《緑にしみる悲しみ》《ファーストとその友達》など新作68点を出品。11月に大阪・日動画廊を巡回。

  • 1979年11月

    36歳

    個展(東京、大阪・日動画廊)開催。

  • 1979年12月

    36歳

    同世代展(名古屋・伽藍洞ギャラリー)に出品。

  • 1980年1月

    36歳

    第2回明日への具象展(日本橋・髙島屋)に《サン・トマ運河にて》を招待出品。

  • 1980年1月

    36歳

    明日を拓く画家たち展(東京セントラル美術館)に出品。

  • 1980年3月

    37歳

    第2回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《月曜日のクリスティーナ》(1979年)が選抜出品される。以降2003年の最終第25回展まで選抜出品。

  • 1980年4月

    37歳

    日本大学芸術学部客員助教授となる。
    「よく作家と教育者の二足のわらじといわれるが、僕はそうは思っていない。サルトルの影響もあるかもしれないが、芸術家はアンガージュマン(社会参加)しなければならないと思っている。僕は絵描きだから、絵を方法に、教育によってアンガージュマンしていると考えている」(「自筆年譜」『アートトップ叢書 絹谷幸二』芸術新聞社、1992年、129頁)

  • 1980年5月

    37歳

    『絵画技法体系』(ほるぷ社)にアフレスコ技法を執筆。

  • 1980年5月

    37歳

    第2回獅子の会(若井画廊)に出品。

  • 1980年6月

    37歳

    第2回十果会展(日本橋・髙島屋)に《緑色大地》《唄うアンジェロ》を出品。

  • 1980年7月

    37歳

    絹谷幸二展(名古屋・伽藍洞ギャラリー)開催、《バナナ・ムーン》《南風の日(風紋)》《緑色大地》などを出品。

  • 1980年7月

    37歳

    中国の北京、西安、敦煌を旅行、壁画を研究する。

  • 1980年9月

    37歳

    〈日本の洋画にみる〉回想の裸婦・現代のヌード展(銀座・松坂屋ほか)に《みなみ風の日(風紋)》が出品される。

  • 1980年9月

    37歳

    80AJAC現代日本のマニエリスム展(東京都美術館)に出品。

  • 1980年9月

    37歳

    風林会(銀座・日動画廊)に出品。

  • 1980年9月12日-1980年9月27日

    37歳

    中国旅行

  • 1980年10月

    37歳

    第48回独立展(東京都美術館)に《流砂》を出品。

  • 1980年11月

    37歳

    アジア現代美術展(福岡市美術館)に《サンドラ嬢の肖像》を出品。のち福岡市美術館買い上げとなる。

  • 1980年11月

    37歳

    第1回魁会、'80現代具象の精鋭百人展、作家がいた展に出品。

  • 1980年12月

    37歳

    長女・美帆生まれる。

  • 1980年12月

    37歳

    母子像展に出品、第9回翏現代美術展に招待出品。

  • 1980年12月

    37歳

    絹谷幸二新作展(大阪・ギャラリー風)開催。

  • 1980年12月

    37歳

    明日を拓く精鋭23人展(東京セントラル美術館)に《ズライカの夢》《緑にしみる悲しみ》を招待出品。

  • 1981年1月

    37歳

    綾綵会、女を描く12人展に出品。

  • 1981年2月

    38歳

    第3回明日への具象展(日本橋・髙島屋)に《星空の二人》を招待出品。

  • 1981年2月

    38歳

    現代の25人展に出品。

  • 1981年3月

    38歳

    第3回日本秀作美術展(日本橋・高島屋)に《サン・トマ運河にて》(明日への具象展出品作)が選ばれ出品。

  • 1981年3月

    38歳

    「画家5人の視覚」に招待出品。

  • 1981年5月

    38歳

    《サンドラ嬢の肖像》を福岡市美術館が買上げ。

  • 1981年5月

    38歳

    絹谷幸二新作展(銀座・ワールドアートサロン)開催。《黒髪の少女》など20余点を出品。

  • 1981年5月

    38歳

    第30回五都展(新橋・東京美術倶楽部)に招待出品。以後この新作発表展(のち現代作家美術展〈現美展〉、伝統からの創造・21世紀展、「創と造」展と改称)に1985年まで毎回出品。

  • 1981年6月

    38歳

    第3回十果会展(日本橋・髙島屋)に《城壁の街》《ナイルの初夏》などを出品。

  • 1981年6月

    38歳

    THE POP WAVEにドローイング出品。

  • 1981年10月

    38歳

    独立美術協会第49回展(東京都美術館)に《凪の日》を出品。亀谷美術館買上げとなる。点描表現に新たな展開を見せる。

  • 1981年11月

    38歳

    絹谷幸二展〈私の宝石箱〉(銀座・フジヰ画廊ニューギャラリー、別館)開催。《窓(ラ・フィネストラ)》などアフレスコによる小品89点と絵皿2点を出品。

  • 1981年11月

    38歳

    戦後美術35年の歩み展〈「気」と「質」へ〉(築地・東京美術センター)開催。アフレスコ画13点を出品。

  • 1981年11月

    38歳

    開館記念特別展・第1部 現代日本の美術(宮城県美術館)に《みなみ風の日(風紋)》《流砂》《緑にしみる悲しみ》《ズライカの夢》《カーラ・モニカ》を出品。

  • 1982年1月

    38歳

    雑誌『宝石』の表紙画の連載を始める(~1983年12月号)

  • 1982年1月

    38歳

    静物画12人展に出品。

  • 1982年2月

    39歳

    第4回明日への具象展(日本橋・髙島屋)に《パルコ・ボルゲーゼにて》を招待出品。

  • 1982年2月

    39歳

    エジプトを旅行。

  • 1982年2月

    39歳

    安井賞受賞作家展に《みなみ風の日》を出品。

  • 1982年2月

    39歳

    四大文明展(東京セントラルアネックス)に《永遠の眠り》《アラビア服の自画像》を出品。

  • 1982年3月

    39歳

    第4回日本秀作美術展(日本橋・高島屋)に《凪の日》(独立展出品作)を出品。

  • 1982年5月

    39歳

    第6回具象現代展(上野・松坂屋)に《裸のリサ》を招待出品。

  • 1982年5月

    39歳

    第1回新生代展〈現代の女を描く〉(銀座・サロン・ドゥ・ボナ)に《愛》《画家とモデル》《花飾りの少女》《裸のリサ》を出品。以後毎回出品。

  • 1982年7月

    39歳

    第4回十果会展(日本橋・髙島屋)に《モハメッドとムスタファ》《永遠の夢》などを出品。

  • 1982年7月

    39歳

    石版画集『ヴェネツィア回想』(3点組限定150部)(大月版画展示室)刊行。

  • 1982年7月

    39歳

    第1回瑤の会展(銀座・フジヰ画廊)に《アブシンベルの星》《永遠の夢》を出品。以後毎回出品。

  • 1982年9月

    39歳

    現代作家による描かれた女展(銀座・日動画廊)に《残照》を出品。

  • 1992年10月

    49歳

    独立美術協会第60回記念展(東京都美術館)に《蒼天夢譚》出品。

  • 1992年10月

    49歳

    絹谷幸二富嶽小品展(岡崎画廊)開催。

  • 1982年10月

    39歳

    独立美術協会第50回記念展(東京都美術館)に《NELLA SABBIA(砂の中)》を出品。「砂シリーズ」の端緒となる。

  • 1992年10月15日

    49歳

    『アート・トップ叢書 絹谷幸二』(芸術新聞社)刊行。

  • 1982年11月

    39歳

    絹谷幸二自選展(銀座・フジヰ画廊)開催。1966年から新作までの《月曜日のクリスティーナ》《唄う少女達》《ネル・サアビア(砂の中)》など14点を出品。

  • 1982年11月

    39歳

    「現代日本美術の展望-油絵展」(富山県立近代美術館)に《流砂》《夢・ヴェネツィア(カーレ・デッラ・マンドラ)》を出品。

  • 1982年11月

    39歳

    日本大学芸術学部客員助教授を辞任。

  • 1983年1月

    39歳

    風景画12人展(名古屋・松坂屋)に出品。

  • 1983年2月

    40歳

    丸亀・麻田総合病院の壁画《文明にかける橋》を制作。

  • 1983年2月

    40歳

    絹谷幸二・裸婦を描くデッサン展(上野・松坂屋)開催。

  • 1983年2月

    40歳

    第5回明日への具象展(名古屋・丸栄)に《画家とモデル》を招待出品。

  • 1983年4月

    40歳

    武蔵野美術大学教授となる。

  • 1983年4月

    40歳

    第5回日本秀作美術展(日本橋・高島屋)に《NELLA SABBIA(砂の中)》(独立展出品作)が選ばれ出品される。

  • 1983年4月

    40歳

    『かべにえがく-壁画の世界-』(子ども美術館22)(ポプラ社)刊行。

  • 1983年5月

    40歳

    第2回美術文化振興協会賞を受賞。

  • 1983年5月

    40歳

    轉石会、風の会ほかに出品。

  • 1983年5月

    40歳

    富山県の依頼により《羅漢唄う》を制作、「富山を描く-100人100景」展(富山県立近代美術館)に出品され、同美術館の買上げとなる。

  • 1983年5月

    40歳

    美術文化振興協会賞の受賞を記念して「明日への展望−洋画の5人−展」〈元永定正・三尾公三・宇佐美圭司・絹谷幸二・有元利夫〉(銀座・松屋ほか)が開催され、《アンセルモ氏の肖像》《サンドラ嬢の肖像》《アンジェラと蒼い空》《流砂》など8点と新作《蓮華夢譚》を出品。

  • 1983年5月

    40歳

    第5回獅子の会展(銀座・若井画廊)に出品。

  • 1983年6月

    40歳

    受賞作家6人展に出品。クレイヨンの会に《北京の太陽》を出品。

  • 1983年7月

    40歳

    第5回十果会展(日本橋・髙島屋)に《緑にしみる悲しみ》《蓮華夢譚》《日輪蓮華》などを出品。

  • 1983年7月

    40歳

    今日のガラス絵展(浜松市美術館)に出品。

  • 1983年8月

    40歳

    裸婦とデッサン展(三重・亀谷美術館)に出品。

  • 1983年9月

    40歳

    絹谷幸二・花と裸婦展(広島・天満屋)開催。

  • 1983年9月

    40歳

    日本美術交流会による洋画一世紀展(上野・松坂屋)に《星空の女》が出品される。

  • 1983年10月

    40歳

    第51回独立展(東京都美術館)に《砂の夢》を出品。

  • 1983年10月

    40歳

    インド、パキスタンを旅行。

  • 1983年10月

    40歳

    裸体画100年の歩み(大阪・国立国際美術館)に《月曜日のクリスティーナ》が出品される。

  • 1983年11月

    40歳

    第2回絹谷幸二展(銀座・日動画廊)開催。アフレスコ画の新作を中心に《抱擁》《泪・泪・泪》ほか50余点を出品。

  • 1983年12月

    40歳

    愛知県君津市に壁画《中澤氏家族の肖像》を制作。

  • 1984年

    40歳

    《めぐりあう時》制作。同年の皆既日食に取材。また清里高原ホテル(山梨県)に《高原の二人》制作。

  • 1984年1月

    40歳

    女の顔'84(銀座・松坂屋)に出品。

  • 1984年2月

    41歳

    第1回日本青年画家展(日本橋・三越本店)に《お・あ・う(in LADAKH)》を出品。以後1988年まで毎回出品。

  • 1984年3月

    41歳

    天展(奈良・天理教美術館)に《唄う少女たち》を出品。

  • 1984年3月

    41歳

    日本現代美術秀作展(豊橋市美術館)に出品。

  • 1984年4月

    41歳

    現代展(銀座・日動画廊)、五周年記念展(銀座・中央画廊)に出品。

  • 1984年4月

    41歳

    現代絵画の20年−1960〜70年代の洋画と新しい「平面」芸術の動向(群馬県立近代美術館)に《みなみ風の日(風紋)》が出品される。

  • 1984年4月6日-1984年5月9日

    41歳

    インド・ガンダーラ 絹谷幸二展(池袋・西武美術館ほか)開催。《ティクセイ僧院遠望》《あ、あ、あ(ラダック壁画)》《お、あ、う(ラダックの壁画より)》《釈迦仏(ラダックの光)》など32点を出品。

  • 1984年5月

    41歳

    絹谷幸二個展(岡山・天満屋)開催。

  • 1984年5月

    41歳

    薫風会洋画展(渋谷・西武)に出品。

  • 1984年5月

    41歳

    韓国へ旅行。

  • 1984年6月

    41歳

    第6回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《砂の華》(独立展出品作)を出品。

  • 1984年6月

    41歳

    九谷焼技術研修所非常勤講師となり、絵付けの講義を行う。

  • 1984年7月

    41歳

    第6回十果会展(日本橋・髙島屋)に《沙の華》《蒼に祈る》を出品。

  • 1984年7月

    41歳

    第3回瑤の会展(銀座・フジヰ画廊)に《花飾りの少女》を出品。

  • 1984年7月

    41歳

    キリスト教美術展(銀座・日動画廊)、クレイヨンの会(銀座・フジヰ画廊)に出品。

  • 1984年8月

    41歳

    最初の画集、『絹谷幸二画集』(講談社)刊行。

  • 1984年10月

    41歳

    第52回独立展(東京都美術館)に《うずもれしは砂の愛》を出品。

  • 1984年12月

    41歳

    日本テレビ番組〈美の世界 壁に染める心〉に出演、放映される。

  • 1985年2月

    42歳

    第2回日本青年画家展(日本橋・三越本店)に《光ふる時》《光ふる街》を出品し、優秀賞受賞。

  • 1985年2月

    42歳

    次女・絹谷香菜子生まれる。

  • 1985年3月

    42歳

    第4回ジューヌ・リオン展(名古屋・松坂屋)に出品。

  • 1985年4月

    42歳

    第1回具象絵画ビエンナーレ(神奈川県立近代美術館ほか)に《めぐりあう時》を出品。1987年、89年にも出品。

  • 1985年5月

    42歳

    第9回具象現代展(上野・松坂屋)に《べネツィアの調べ》を招待出品。

  • 1985年6月

    42歳

    第7回日本秀作美術展(日本橋・高島屋)に《沙の華》(十果会出品作)が選ばれ出品される。

  • 1985年7月

    42歳

    第7回十果会展(日本橋・髙島屋)に《アラベスク(B)》《アラベスク(A)》を出品。

  • 1985年7月

    42歳

    第4回瑤の会展(銀座・フジヰ画廊)に《海の見える街》を出品。

  • 1985年8月

    42歳

    現代のセルフポートレート展(埼玉県立近代美術館)に《蒼空のある自画像》が出品される。

  • 1985年8月

    42歳

    第24回国際形象展(日本橋・三越本店)に《自画像》を招待出品。

  • 1985年8月

    42歳

    絹谷幸二小作品展〈日・月・星・人・華〉(上野・松坂屋)開催。年齢と同じ42点を出品。

  • 1985年10月

    42歳

    日本青年画家展第2回受賞作家作品展(日本橋・三越本店)に出品。

  • 1985年10月

    42歳

    国立総合児童センター「こどもの城」(東京都渋谷区)の壁画《アラベスク》を制作、完成。

  • 1985年10月

    42歳

    第53回独立展(東京都美術館)に《もう一人いる私》を出品。

  • 1985年10月

    42歳

    日本現代絵画83人展(ニューデリー・国立近代美術館)に《星空の二人》が出品される。

  • 1985年11月

    42歳

    絹谷幸二展(日本橋・髙島屋)開催。《壁画を描く画家》《光ふる時》《自画像》などを出品し、大阪・高島屋を巡回。

  • 1985年11月

    42歳

    日本テレビ番組〈アートナウ つかのまの時間の中で〉に出演、こどもの城壁画制作過程が放映される。

  • 1986年2月

    43歳

    第3回日本青年画家展(日本橋・三越本店)に出品。

  • 1986年2月

    43歳

    ザ・メッセージ〈日本現代絵画83人展〉(横浜・そごう美術館)に《星空の二人》が出品される。

  • 1986年3月

    43歳

    少林寺カレンダー制作のため、宗道臣氏と中国河南省・少林寺を旅行。

  • 1986年3月

    43歳

    第5回ジューヌ・リオン展に出品。

  • 1986年4月

    43歳

    アジアクラブより東南アジア、タイ、インドネシアを旅行。

  • 1986年4月

    43歳

    第1回現代作家美術展〈現美展〉(新橋・東京美術倶楽部)に《プリマヴェラ(春)》を招待出品。以後毎回出品。

  • 1986年5月

    43歳

    日本現代美術展(台北市立美術館)に出品される。

  • 1986年5月

    43歳

    第8回日本秀作美術展(日本橋・高島屋)に《自画像》(国際形象展出品作)が選ばれ出品される。

  • 1986年5月

    43歳

    第10回具象現代展(上野・松坂屋)に《バリ島の少女》《ローズルームにて》を出品。

  • 1986年5月

    43歳

    絹谷幸二新作展(京都・蔵丘洞画廊)開催。

  • 1986年6月

    43歳

    絹谷幸二 アフレスコ画の世界展(広島・天満屋)開催。

  • 1986年6月

    43歳

    6月のサロン展(銀座・東邦アート)に出品。

  • 1986年6月

    43歳

    絹谷幸二個展(京都・蔵丘洞画廊)開催。

  • 1986年6月

    43歳

    京都・田辺町(現・京田辺市)の新庁舎に壁画《光ふるまち田辺》を制作。

  • 1986年6月

    43歳

    徳島県立近代美術館、富山県立近代美術館により作品買上げ。

  • 1986年7月

    43歳

    第8回十果会展(日本橋・髙島屋)に《少林寺に昇る日輪》《ローズルームにて(2)》《喝采》を出品。

  • 1986年7月

    43歳

    第5回瑤の会に《音戸の瀬戸》を出品。

  • 1986年8月

    43歳

    第25回国際形象展(日本橋・三越本店)に《共有する時間》《妻と私》を招待出品。

  • 1986年10月

    43歳

    第54回独立展(東京都美術館)に《チェスキーニ氏の肖像》を出品。

  • 1986年10月

    43歳

    素描芸術100年のあゆみ〈人間像をテーマとして〉(奈良県立美術館)に水彩《横たわる裸婦》2点を出品。

  • 1986年10月

    43歳

    「現代日本美術の動勢-絵画PART1」展(富山県立近代美術館)に《蓮華夢譚》《うずもれしは砂の愛》《もう一人いる私》が出品される。

  • 1986年11月

    43歳

    新生代展(福岡市美術館)に《サンドラ嬢の肖像》《うずもれしは砂の愛》《流砂》《南風の日(風跡)》など10点を出品。

  • 1987年

    43歳

    『躍動する生命感・絹谷幸二』(河北倫明、嘉門安雄、酒井忠康、堺屋太一ら編)刊行。

  • 1987年2月

    44歳

    第4回日本青年画家展(日本橋・三越本店)に《時の天使》《朝日に輝くゴンドリエーラ》を出品。《時の天使》が優秀賞受賞。

  • 1987年3月

    44歳

    現代の洋画展(日本橋・髙島屋)に《旭光(イタリアの太陽)》を出品。

  • 1987年3月

    44歳

    武蔵野美術大学教授を辞任。

  • 1987年3月

    44歳

    第4回横の会(京都市美術館ほか)に《コンフィジオーネ(混沌)》《ラボニアの肖像》《フランチェスカとゾッティ氏の肖像》を招待出品。

  • 1987年4月

    44歳

    東京藝術大学美術学部講師となる。

  • 1987年4月

    44歳

    現代の絵師 絹谷幸二 富岳三十六圖展(大阪・太陽画廊)開催。

  • 1987年5月

    44歳

    第9回日本秀作美術展(日本橋・高島屋)に《少林寺に昇る日輪》(十果会展出品作)を出品。

  • 1987年5月

    44歳

    第2回具象絵画ビエンナーレ(三重県立美術館ほか)に医師、大島毅の逝去に際して描いた《O氏へのレクイエム(哀歌)》ほか《顔・顔・顔》《金風蓮華》を出品。

  • 1987年5月

    44歳

    横の会(有楽町・西武アートフォーラム)に出品。

  • 1987年6月

    44歳

    《チェスキーニ氏の肖像》により第19回日本芸術大賞受賞(現代具象絵画に創意あふれる新領域を開拓しつつある作品活動に対して)。

  • 1987年7月

    44歳

    第9回十果会展(日本橋・髙島屋)に《涙するカトリーヌ》《ローズマリーの青春》を出品。

  • 1987年7月

    44歳

    愛知県・一宮市博物館の壁画《あやなすまち一宮、ひとひとひともよう》を制作。制作過程、完成が名古屋テレビ、NHK教育テレビ〈ETV8〉で放映される。

  • 1987年7月

    44歳

    NHK教育テレビ番組〈日曜美術館 土佐の絵金〉に出演、放映される。

  • 1987年7月

    44歳

    第6回瑤の会に《薫風不二》などを出品。

  • 1987年7月

    44歳

    第2回東京国際映画祭のポスターを制作。

  • 1987年10月

    44歳

    日本の絵画・新世代・1987展(上野・松坂屋)に《ひとり寝の時》《とれもれ》を出品。

  • 1987年10月

    44歳

    東京藝術大学創立100周年記念展〈明日への展望−教官作品〉(有楽町アートフォーラム)に《チェスキーニ氏の肖像》を出品。

  • 1987年10月

    44歳

    第55回独立展(東京都美術館)に《リーガの肖像》を出品。

  • 1987年10月

    44歳

    躍動する生命感 絹谷幸二自選展(名古屋・松坂屋本店)開催。静岡・松坂屋を巡回。

  • 1987年10月

    44歳

    奈良県100年記念特別展 芸術への誘い~描かれた大和(奈良県立美術館)に《大和遠望》が出品される。

  • 1987年10月

    44歳

    インドを旅行。ニューデリー、古都アグラ、アジャンタ、エローラなどをめぐる。

  • 1987年12月

    44歳

    東海テレビ番組〈天ちゃんの土曜サロン・人間コンサート〉に出演、一宮市博物館壁画の完成について語る。

  • 1987年12月

    44歳

    87スペースコンセプション展(東京セントラル美術館)に《ITSUMI》《室内のアンジェラ》を出品。

  • 1988年2月

    45歳

    第5回日本青年画家展(日本橋・三越本店)に《涙するカトリーヌ》を出品、優秀賞受賞。

  • 1988年2月

    45歳

    絹谷幸二自選展〈豊饒な色彩・熱い想い〉(池袋・西武アートフォーラム)開催。1974年の安井賞受賞から新作まで代表作を中心に、《天使ガブリエッラ》《室内のアンジェラ》などの大作や未発表作、立体作品を含む40点を出品。4月に川崎・SEIBUホールを巡回。

  • 1988年2月

    45歳

    絹谷幸二小品展(池袋・西武百貨店美術画廊)開催。《天使ガブリエッラ》《室内のアンジェラ》などを出品。

  • 1988年2月

    45歳

    1988・日本洋画壇の精鋭による現代の人物画展(名古屋・松坂屋本店)に《月曜日のクリスティーナ》《アグラの女》を出品。4月まで大阪・大丸心斎橋店、金沢・香林坊大和、新宿・伊勢丹を巡回。

  • 1988年4月

    45歳

    花の表現(埼玉県立近代美術館)に《日輪蓮華》が出品される。

  • 1988年5月

    45歳

    絹谷幸二小品展(銀座・新生堂)開催。

  • 1988年5月

    45歳

    椿会会員となり、第15回椿会美術展(銀座・資生堂ギャラリー)へ《白いオルガン》を出品。(~1990年まで)

  • 1988年6月

    45歳

    第10回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《コンフィジィオーネ(混沌)》(横の会出品作)が選ばれ出品される。

  • 1988年6月

    45歳

    絹谷幸二展(パリ・日動画廊)開催。《金風蓮華》《愛》など平面作品32点と立体《め》《とれもろ》の2点を出品。

  • 1988年7月

    45歳

    京都・ブライトンホテルの大壁画《日・月・流星》を、東京と京都を往復しながら6ヶ月かけて制作、完成する。NHKテレビ番組〈一点中継・つくる〉、テレビ東京番組〈美に生きる 洋画家絹谷幸二〉で制作過程が放映される。

  • 1988年7月

    45歳

    テレビ東京番組〈私の美術館 壁画の魅力について〉、テレビ朝日番組〈緑四季通信 フラワーキャンバス〉に出演、放映される。

  • 1988年7月

    45歳

    第10回記念十果会展(日本橋・髙島屋)に《少女・夏の日》《ROMA》《自画像》(素描)を出品。

  • 1988年7月

    45歳

    第7回瑤の会展(銀座・フジヰ画廊)に《富士と少女》を出品。

  • 1988年7月

    45歳

    第4回彩朱会展(東京セントラル美術館)に《薔薇》を出品。

  • 1988年8月

    45歳

    中国を旅行。

  • 1988年8月

    45歳

    絹谷幸二新作展(京都・蔵丘洞画廊)開催。《感動の時(仰ぐ)》《燐》などを出品。

  • 1988年9月

    45歳

    テレビ東京番組〈私と宝もの〉に出演、放映される。

  • 1988年10月

    45歳

    第56回独立展(東京都美術館)に《虹色の時》を出品。

  • 1988年10月

    45歳

    イラク国際美術展に《星空の二人》《アラベスクⅠ・Ⅱ》を出品。イラン・イラク戦争停戦を祝う。

  • 1988年11月

    45歳

    絹谷幸二ドローイング展(青山・日本画廊)開催。《横たわる裸婦》など20点を出品。

  • 1988年11月

    45歳

    愛と詩とエロス 絹谷幸二展(銀座・フジヰ画廊、フジヰ画廊モダーン、岡崎画廊)同時開催。《薔薇の髪飾り》《アンダンテ》《愛・うつろい》などを出品。

  • 1988年11月

    45歳

    広島県立美術館の依頼により《MAYUMI》を制作

  • 1989年1月

    45歳

    第30回毎日芸術賞受賞。

  • 1989年1月24日

    46歳

    『絹谷幸二画集』(求龍堂)刊行。

  • 1989年5月

    46歳

    広島・ヒロシマ・HIROSHIMA〈国内外の制作委託作家78名によるヒロシマの心〉(広島市現代美術館開館記念展)に《MAYUMI》が出品される。

  • 1989年5月

    46歳

    第16回椿会美術展(銀座・資生堂ギャラリー)に《時は過ぎ思い出のパトリッツィア》を出品。

  • 1989年6月

    46歳

    第11回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《虹色の時》(独立展出品作)が選ばれ出品される。

  • 1989年6月

    46歳

    アート・エキサイティング'89~現在を超えて展(埼玉県立近代美術館)に《ITSUMI》《O氏へのレクイエム》《涙するカトリーヌ》が出品される。秋、オーストラリア・ブリスベン市のクィーンズランド美術館を巡回。(日豪交換現代日本美術展)

  • 1989年6月

    46歳

    絹谷幸二展(岡山・天満屋)開催。福山と広島の天満屋を巡回。

  • 1989年7月

    46歳

    第8回瑤の会展(銀座・フジヰ画廊)に《夢見る想い》を出品。

  • 1989年7月

    46歳

    第3回具象絵画ビエンナーレ〈人の生きる・今〉(高知県立郷土文化会館)に《コンフィジィオーネ(混沌)》《愛・うつろい》を出品。翌年4月まで福岡市美術館、東京ステーションギャラリー、福島県立美術館、笠間日動美術館、三重県立美術館を巡回。

  • 1989年7月

    46歳

    第7回全国都市緑化せんだいフェア花と緑の祭典'89グリーンフェア仙台において原画をもとに花の庭を造園。

  • 1989年7月

    46歳

    〈'89海と島の国際展覧会・ひろしま〉のそごう館外壁の壁画を制作、完成する。

  • 1989年7月

    46歳

    第11回十果会展(日本橋・髙島屋)に《トレモロ'89》《パルリアーモ》を出品。

  • 1989年8月

    46歳

    文部省海外学術研究調査の一環でアルタミラ洞窟やラスコー洞窟などのヨーロッパ先史時代の壁画の調査研究を行う。

  • 1989年9月

    46歳

    絹谷幸二展(大阪ロイヤルホテル)開催。

  • 1989年9月

    46歳

    日本の絵画・新世代・1989展(上野・松坂屋)に《花飾りの少女ららら》《愛−未来》を出品。

  • 1989年10月

    46歳

    独立美術協会第57回展(東京都美術館)に《キーコ・ボンディ氏の肖像》を出品。

  • 1989年10月

    46歳

    帝都高速度交通営団(東京)の依頼により、メトロカードの原画《TOKIO》制作。

  • 1989年10月

    46歳

    衛星チャンネル開局記念のリトグラフ制作。

  • 1989年11月

    46歳

    ほとばしる情熱 絹谷幸二展(銀座・日動画廊)開催。立体作品《立体Ⅰ》《立体Ⅱ》の2点と平面作品《風の迂回路》《ARS VITAESTA》《おお テラ・ローゼ》《涙色の部屋》《ら・ら・ら・ら♪》《悲嘆》など合わせて31点を出品。

  • 1990年4月

    47歳

    国際花と緑の博覧会(大阪・鶴見緑地の迎賓館・政府苑迎賓室)に《黒陶の薔薇》を展示。

  • 1990年5月

    47歳

    第17回椿会美術展(銀座・資生堂ギャラリー)に《南の島・旭日》を出品。

  • 1990年5月

    47歳

    昭和世代を代表する作家シリーズ11・絹谷幸二展〈愛と生の歓び〉(新宿・伊勢丹)開催。自選による初期から新作に至る代表作を中心に90点を出品。9月までに大阪・大丸心斎橋店、名古屋・松坂屋本店、熊本県立美術館、富山・大和富山店を巡回。

  • 1990年6月

    47歳

    第12回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《トレモロ'89》(十果会展出品作)を出品。

  • 1990年6月

    47歳

    絹谷幸二扇面作品展(日本橋・オンワードギャラリー日本橋)開催。

  • 1990年7月

    47歳

    第12回十果会展(日本橋・髙島屋)に《水の星座の女》《凜々船出》を出品。

  • 1990年7月

    47歳

    第9回瑤の会展(銀座・フジヰ画廊)に《青陶の薔薇》を出品。

  • 1990年7月

    47歳

    スイス・バーゼル・アート・フェアで個展を開催。

  • 1990年8月

    47歳

    池袋・東京芸術劇場(蘆原義信設計)に天井画《天・地・人》制作。

  • 1990年8月

    47歳

    NHKテレビ番組・モーニングワイド〈私の夏〉に出演、放映される。

  • 1990年8月

    47歳

    Byobu-E展(ドイツ・デュッセルドルフ州立フォルク・ウント・ヴィルトシャフト美術館)に一曲二隻屏風《夢》を出品。翌年1月、アイルランド・ダブリンの国立R.H.A.ギャラリーを巡回。

  • 1990年8月

    47歳

    絹谷幸二展(ヴェネツイア・カバリーノ画廊)開催。

  • 1990年10月

    47歳

    第1回日本洋画再考展〈国際人が推薦する現代日本の洋画展〉(渋谷・NHKぎゃらりー)に《青陶のバラ》を出品。

  • 1990年10月

    47歳

    第58回独立展(東京都美術館)に《アルベリ(木霊)》を出品。

  • 1990年11月

    47歳

    Koji Kinutani Recent Works展(ソウル・ドゥソン・ギャラリー)開催。立体作品《パンドラの函》など30余点を出品。

  • 1990年11月

    47歳

    《オープン・ザ・ボックス・オブ・パンドラ》制作。[スチロールに彩色した立体絵画]

  • 1990年12月

    47歳

    第22回潮音会(銀座・フジヰ画廊)に《旭日海を輝す(ヴェネツィア)》を出品。以後毎回出品。

  • 1990年12月

    47歳

    「絹谷幸二の二•五次元展」(銀座・岡崎画廊)開催。《トレモロ》《旭日》《妙》《アンセルモ氏の肖像》など8点を出品。

  • 1991年

    47歳

    三島市民文化会館(ゆうゆうホール)に《旭日三島讃歌》制作。

  • 1991年

    47歳

    《バラとレモン》《砂の涙(咆哮)》《彫刻を作るR嬢》《日月誉湖上不二》《東京の太陽(上野の森)》《東京の太陽(隅田川)》《炎々希望》《薔薇薫る頃少女》《青春》制作。

  • 1991年1月

    47歳

    世田谷美術展'91(世田谷美術館)に《アルベリ・(木霊)》を出品。以後毎回出品する。

  • 1991年4月

    48歳

    東京藝術大学美術学部助教授に就任。

  • 1991年4月

    48歳

    NHKテレビ番組・趣味百科〈水彩画入門〉に出演、6月まで13回にわたり放映される。

  • 1991年4月

    48歳

    ヨーロッパ巡回帰国記念展 現代の屏風絵(上野・松坂屋)に一曲二隻屏風《夢》を出品。

  • 1991年4月

    48歳

    絹谷幸二個展(東京アートエキスポ)開催。

  • 1991年5月

    48歳

    現代の視覚'91展(有楽町アートフォーラム)に《空を翔ぶ夢の時》を出品。

  • 1991年5月

    48歳

    法鷲院五重塔(茨城県日立市十王町)に壁画《転依》《愛飛翔》《トレモロ・南無》などを制作。

  • 1991年5月

    48歳

    現代日本絵画展(北京・故宮博物院)に《朝日不二》を出品。

  • 1991年6月

    48歳

    第13回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《アルベリ(木霊)》(独立展出品作)を出品。

  • 1991年7月

    48歳

    第13回十果会展(日本橋・髙島屋)に《東京の太陽》《薔薇図》を出品。

  • 1991年8月

    48歳

    奈良市宝来・奈良パークホテルに壁画《旭日薫風奈良》制作。

  • 1991年9月

    48歳

    ジャパン・フェスティバルA NEW WAVE展(ロンドン・バービカン・センター)に《蓮華夢譚》出品。

  • 1991年9月

    48歳

    NHKテレビ番組・日曜美術館〈フィレンツェルネサンス芸術と修復〉に出演、放映される。

  • 1991年10月

    48歳

    絹谷幸二 ミンモ・パラディーノ2人展(銀座・資生堂ギャラリーピクチャーズ)開催。《泪・泪》《水色の刻》《祈り》など8点を出品。

  • 1991年10月

    48歳

    今泉篤男と椿会の作家たち(銀座・資生堂ギャラリー)に《白いオルガン》を出品。

  • 1991年10月

    48歳

    独立美術協会第59回展(東京都美術館)に《唄う人・とれもろ》出品。

  • 1991年11月

    48歳

    髙島屋創業160周年記念 絹谷幸二展(日本橋・髙島屋)開催。《イエス・オア・ノー》《あなたの愛の如く》《不二に至る風の道》《木霊-祈り》など立体作品を含む約50点を出品。12月まで大阪、京都、横浜の髙島屋を巡回。

  • 1991年12月

    48歳

    世田谷美術展'92(世田谷美術館)に《花飾りの少女》を出品。

  • 1991年12月

    48歳

    第23回潮音会(銀座・フジヰ画廊)に《太陽の都》を出品。

  • 1991年12月

    48歳

    鳳琳カントリー倶楽部(市原市)に《愛・飛翔》制作。

  • 1991年12月

    48歳

    庄司美術館(沼津市)に《旭日凜々》制作。

  • 1992年

    48歳

    「想いがフォルムになる時」展開催。

  • 1992年1月

    48歳

    1992両洋の眼 現代の絵画展(日本橋・三越本店)に《愛・語らい》を出品。以降2009年の最終展まで毎回出品。

  • 1992年5月

    49歳

    現代の洋画展(名古屋・名古屋画廊)に《薔薇(マリーサに捧げる)》を出品。

  • 1992年6月

    49歳

    第14回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《木霊・祈り》(個展出品作)を出品。

  • 1992年6月

    49歳

    生命の歓喜 絹谷幸二展(名古屋・松坂屋本店美術画廊)開催。

  • 1992年7月

    49歳

    絹谷幸二・平賀敬水彩画展(銀座・牧神画廊)開催。

  • 1992年7月

    49歳

    ニューヨークを訪れ、リトグラフを制作。

  • 1992年7月

    49歳

    第14回十果会展(日本橋・髙島屋)に《抱かれし刻》《語らいの刻》を出品。

  • 1992年7月

    49歳

    日本洋画再考展〈現代日本洋画家と日本画家との対話〉(東京都庭園美術館)に《愛飛翔》を出品。

  • 1992年8月

    49歳

    随筆集『壁は200億光年の夢を見る』(美術年鑑社)刊行。

  • 1992年9月

    49歳

    NHK教育テレビ番組〈土曜フォーラム 日本洋画再考展−現代日本洋画家と日本画家との対話−〉に猪熊弦一郎、高山辰雄、平山郁夫、鈴木進の各氏とともに出演、放映される。

  • 1992年9月

    49歳

    『日経ポケットギャラリー 絹谷幸二』(日本経済新聞社)刊行。

  • 1992年12月

    49歳

    第24回潮音会(銀座・フジヰ画廊)に〈富岳四季〉連作《旭日都富士山》《日月照六合富岳》《雲海湖上錦富士》《忍野富士》の4点を出品。

  • 1993年1月

    49歳

    1993両洋の眼・現代の絵画展(日本橋・三越本店)に《蒼天夢譚》出品。

  • 1993年3月

    50歳

    タイをスケッチ旅行する。

  • 1993年4月

    50歳

    東京藝術大学美術学部教授に就任。

  • 1993年4月

    50歳

    奈良ゆかりの現代作家〈柳原義達・井上武吉・上村淳之・絹谷幸二の世界〉(奈良県立美術館)開催。《諧音の詐術》《室内Ⅱ》《アンセルモ氏の肖像》《アンジェラと蒼い空Ⅱ》《蒼空のある自画像》《チェスキーニ氏の肖像》など油彩画20点とデッサン、立体絵画11点あわせて31点を出品。

  • 1993年5月

    50歳

    高知県のラ・ヴィータ(音楽ホール)の天井画《旭日波光》制作。

  • 1993年5月

    50歳

    現代の視覚'93(有楽町アートフォーラム)に《愛する者たちへ》を出品。

  • 1993年6月

    50歳

    絹谷幸二・平賀敬小品展(銀座・牧神画廊)開催。《旭日赤富士》など小品10点を出品。

  • 1993年6月

    50歳

    第15回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《語らいの刻》(十果会展出品作)を出品。

  • 1993年7月

    50歳

    第15回十果会展に《めぐり行く刻》《めぐり逢う刻》を出品。

  • 1993年7月

    50歳

    油井一二を偲ぶ−現代作家秀作展(佐久市立近代美術館)に《薔薇咲く頃(少女A)》を出品。

  • 1993年8月

    50歳

    IMA・「絵画の今日」展(新宿・三越美術館)に《トレモロ》を出品(1995年にも出品)。

  • 1993年9月

    50歳

    絹谷幸二個展(札幌・西武百貨店)開催。

  • 1993年10月

    50歳

    独立美術協会第61回展(東京都美術館)に《ぼじそわか》出品。

  • 1993年10月

    50歳

    国際交流基金の文化派遣事業により北京の中央美術学院で1ヵ月にわたり「環境芸術」の講義を行う。

  • 1993年11月

    50歳

    絹谷幸二展(名古屋・伽藍洞ギャラリー)開催。

  • 1993年11月

    50歳

    絹谷幸二展(銀座・ギャラリーピクチャーズ)開催。

  • 1993年11月

    50歳

    絹谷幸二作品展(ニューヨーク・ギャラリー・アット・タカシマヤ、その後日本国内を巡回)開催。《木霊》《キーコ・ボンディ氏の肖像》ほか、立体作品8点と《うずもれしは砂の愛》《ラボニア》ほか、平面作品22点を出品。またニューヨーク近代美術館理事長ガンツ女史の財団派遣で、ニューヨークのパブリック・スクールの子どもや美術教師らとオブジェの共同制作を行い、同所で「KINUTANI KOJI and KIDS」展開催。

  • 1993年12月

    50歳

    中日現代油画展(北京・中国国立美術館)開催。東京藝術大学第7絹谷研究室と北京・中央美術工芸学院で組織し、立体作品《生命の歓喜》、平面作品《蓮華夢譚》ほか5点を出品。

  • 1994年1月

    51歳

    1994両洋の眼・現代の絵画展(日本橋・三越本店)に《画室の自画像》を出品。

  • 1994年3月

    51歳

    第25回潮音会(銀座・フジヰ画廊)に《雪・旭日湖上富岳》など3点を出品。

  • 1994年6月

    51歳

    第16回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《愛する者たちへ》(現代の視覚'93展出品作)を出品。

  • 1994年6月

    51歳

    第16回十果会展に《日月黄金富嶽》《バラとレモン》を出品。

  • 1994年7月1日

    51歳

    『絹谷幸二作品集』(講談社)刊行。

  • 1994年7月

    51歳

    松戸競輪場メインスタンド特別観覧席1階エントランスに壁画《日月万丈富嶽》制作。

  • 1994年9月

    51歳

    ヒロシマ−21世紀へのメッセージ展(三鷹市美術ギャラリー)に《蒼空のある自画像》を出品。

  • 1994年10月

    51歳

    独立美術協会第62回展(日本橋・髙島屋)に《ノン・デメンティカーレ(忘れないで)》を出品。

  • 1994年11月

    51歳

    絹谷幸二個展(アムステルダム・ギャラリー・ブローマンス)開催。

  • 1994年11月

    51歳

    世田谷美術展'95(世田谷美術館)に《O氏のレクイエム》を出品。

  • 1995年1月

    51歳

    1995両洋の眼・現代の絵画展(日本橋・三越本店)に《愛・誕生》を出品。

  • 1995年3月

    52歳

    世田谷文学館ロビーの大作を制作中に阪神・淡路大震災が起こり、急遽、主題を変更し震災鎮魂へのレクイエム《愛するもの達へ・希望》を制作する。

  • 1995年3月

    52歳

    第26回潮音会(銀座・フジヰ画廊)に《日月青々富嶽》など4点を出品。

  • 1995年4月

    52歳

    洋画の展望−具象表現を中心に−(福井県立美術館)に《愛するものたちへ》を出品。

  • 1995年5月

    52歳

    美術作家による阪神大震災復興支援「100人展」(大阪・なんば髙島屋)に《薔薇》を出品。

  • 1995年6月

    52歳

    第17回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に出品。

  • 1995年6月

    52歳

    第17回十果会展(日本橋・髙島屋)に《悲しみの時》《画家とモデル》を出品。

  • 1995年9月

    52歳

    IMA「絵画の今日」展(新宿・三越美術館)に《自画像》を出品。

  • 1995年10月

    52歳

    独立美術協会第63回展(日本橋・髙島屋)に《自画像》出品。

  • 1995年12月

    52歳

    世田谷美術展'96(世田谷美術館)に《ノン・ディメンティカーレ(忘れないで)》を出品。

  • 1996年1月

    52歳

    1996両洋の眼・現代の絵画展(日本橋・三越本店)にを出品。

  • 1996年3月

    53歳

    絹谷幸二展(名古屋・松坂屋本店ほか)開催。《ノン・ディメンティカーレ(忘れないで)》など31点を出品。

  • 1996年4月

    53歳

    開館10周年記念特別展「世田谷の美術」(世田谷美術館)に《アルベリ(木霊)》を出品し、同美術館買上げとなる。

  • 1996年5月

    53歳

    連画−十二人の詩と夢の交響曲(日本橋・髙島屋ほか)に《虚空に放て 画布ぞ受けとむ》を出品。

  • 1996年6月

    53歳

    第18回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《自画像》(絵画の今日展出品作)を出品。

  • 1996年7月

    53歳

    第18回十果会展(日本橋・髙島屋ほか)に《自画像》《青春・花飾りの少女(リサ)》を出品。

  • 1996年10月

    53歳

    第64回独立展(日本橋・髙島屋)に《あううん・祈り》出品。

  • 1996年10月

    53歳

    埼玉・戸田競艇場メインスタジアムに壁画レリーフ《VINTO PER TE》を制作。

  • 1996年11月

    53歳

    愛と希望と生命の讃歌 絹谷幸二展(いよてつそごう)開催。立体作品《木霊》など31点を出品。

  • 1996年12月

    53歳

    『絹谷幸二 Fuji-I』(日経BP社)刊行。

  • 1996年12月

    53歳

    茨城県立医療大学附属病院に壁画《光降る街》を制作。

  • 1996年12月

    53歳

    世田谷美術展'97(世田谷美術館)に《薔薇》を出品。

  • 1996年12月

    53歳

    絹谷幸二の宇宙展(日本橋・三越本店)開催され、最新作の大作を中心に20余点を出品する。翌年4月までに名古屋・三越、神戸と大阪の大丸を巡回。

  • 1997年1月

    53歳

    1997両洋の眼・現代の絵画展(日本橋・三越本店)に《花二輪》出品。

  • 1997年2月

    54歳

    冬季オリンピック長野大会の公式ポスター制作を委託され、《銀嶺の女神》ほか7種類の競技別ポスターの原画を制作。

  • 1997年4月

    54歳

    絹谷幸二展(新潟市美術館)開催。9月までに茨城県つくば美術館、奈良そごう美術館、秋田市立千秋美術館を巡回する。《りんご飛行(波上)》《アンセルモ氏の肖像》など87点を展示。

  • 1997年6月

    54歳

    WORLD ARTIST TOUR 日本から世界へ(東武宇都宮百貨店)に《ラボーニャ》ほか3点を出品。

  • 1997年6月

    54歳

    第19回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《三美神》(両洋の眼出品作)を出品。

  • 1997年7月

    54歳

    第19回十果会展(日本橋・髙島屋、他)に《朝陽アフロディティ》《愛・誕生Ⅱ》を出品。

  • 1997年9月

    54歳

    絹谷幸二展(名古屋・伽藍洞ギャラリー)開催。

  • 1997年10月

    54歳

    第65回独立展(東京都美術館)に《NOI AMIAMO》出品。

  • 1997年11月

    54歳

    長野放送社屋前庭の彫刻庭園「波動の庭」に彫刻作品《青春・愛》を設置。

  • 1997年12月

    54歳

    Koji Kinutani(ニューヨーク・スペース・アンタイトルド)開催。

  • 1998年

    54歳

    立体作品《ニューヨークの天使》制作。

  • 1998年

    54歳

    文部省大学設置分科会専門委員に就任。

  • 1998年

    54歳

    奈良・万葉文化館の依頼で《大和国原》制作。

  • 1998年

    54歳

    日本中国文化交流協会代表団として團伊玖磨団長らとともに訪中。

  • 1998年

    54歳

    現代日本美術展の選考委員に就任。

  • 1998年1月

    54歳

    1998両洋の眼・現代の絵画展(日本橋・三越本店ほか)に《愛の誕生》を出品。

  • 1998年1月

    54歳

    未来を担う美術家たち「DOMANI・明日」展(安田火災東郷青児美術館)に《青春・花飾りの少女》を出品。

  • 1998年1月

    54歳

    人・ヒト展(刈谷市美術館)に《めぐりあう時》を出品。

  • 1998年3月

    55歳

    奈良・明日香地方のキトラ古墳学術調査に団員として参加。

  • 1998年5月

    55歳

    愛の翼 絹谷幸二展(日本橋・高島屋ほか)開催。《女》など立体作品11点と《日月黄金雲上富士》など平面作品40点を出品。6月まで大阪、京都、横浜などの高島屋を巡回。

  • 1998年6月

    55歳

    第20回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《NON DIMENTICARE》(IMA「絵画の今日」展出品作)を出品。

  • 1998年8月

    55歳

    第20回十果会展(大阪・なんば髙島屋ほか)に《日月駿河富士》《煌めく街》を出品。

  • 1998年10月

    55歳

    独立美術協会第66回展(日本橋・髙島屋)に《NOI AMIAMOⅡ》出品。

  • 1998年10月

    55歳

    なら100年会館(奈良市)に壁画《日月大和麗し(夢 光降る街 奈良)》制作。

  • 1998年11月

    55歳

    現代日本の精鋭画家たち展(松坂屋美術館ほか)に《あさきゆめみし》を出品。

  • 1999年

    56歳

    アジア刑政財団国際貢献カレンダー制作(以後毎年)。

  • 1999年1月

    56歳

    1999両洋の眼・現代の絵画展(日本橋・三越本店)に《パンドラの箱》を出品。

  • 1999年1月

    56歳

    絹谷幸二版画展(ギャラリー・ラ・リューシュ)開催。

  • 1999年2月

    56歳

    現代美術のレッスン・1(秋田市立千秋美術館)に出品。

  • 1999年6月

    56歳

    第21回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《愛の誕生》(両洋の眼出品作)を出品。

  • 1999年7月

    56歳

    第21回十果会展(日本橋・髙島屋)に《永遠の契り》《愛・誕生》を出品。

  • 1999年9月

    56歳

    今治しまなみ海道絵画展(河野美術館)に《今治来島海峡大橋遠望》を出品。

  • 1999年9月

    56歳

    絹本金地に岩彩で描く〈絹谷幸二=絹本金地に岩彩で描く〉(岡崎画廊)に《朝陽双船出》など25点を出品。

  • 1999年9月

    56歳

    天満屋創業170年記念 明日に向かって 絹谷幸二展(天満屋福山店ほか)に《銀嶺の女神》など33点を出品。

  • 1999年10月

    56歳

    独立美術協会第67回展(日本橋・髙島屋)に《唄うマリア・ローザ》出品。

  • 1999年10月

    56歳

    出羽路百景展(大沼米沢店ほか)に《紅花の少女》を出品。

  • 1999年11月

    56歳

    絹谷幸二展(高輪プリンスホテル)開催。

  • 1999年12月

    56歳

    北柏リハビリ総合病院(千葉県柏市)に壁画《天飛翔》《日月双鶴富士》制作。

  • 2000年1月

    56歳

    両洋の21世紀の絵画(日本橋・三越本店)に《2000年の自画像》を出品。

  • 2000年4月

    57歳

    絹谷幸二展(名古屋・松坂屋本店ほか)に《NOI AMIAMO》など55点を出品。

  • 2000年4月

    57歳

    絹谷幸二展(宮崎県立美術館)開催。会期中150号のアフレスコ画《ヒムカ(日向)》の公開制作併催。《ヒムカ(日向》《コンフィジオーネ》が同美術館収蔵となる。

  • 2000年5月

    57歳

    フランス国立造幣局の依頼でブロンズ作品《千の夢を持つ男》制作。パリ造幣局美術館、東京フランス大使館で展示。

  • 2000年6月

    57歳

    心の色・心かたち展(福光美術館)に出品。

  • 2000年6月

    57歳

    第22回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に出品。

  • 2000年7月

    57歳

    第22回十果会展に《唄う人》《豊穣の海》を出品。

  • 2000年10月

    57歳

    独立美術協会第68回展(東京都美術館)に《蒼穹夢譚》出品。

  • 2001年1月

    57歳

    両洋の眼 新美術主義の画家たち展(日本橋・三越本店)に《語りあう二人》を出品。

  • 2001年3月

    58歳

    《蒼穹夢譚》(第68回独立展出品作)で第57回日本藝術院賞受賞。日本藝術院会員に推挙される。

  • 2001年3月

    58歳

    渋谷・セルリアンタワーに陶板壁画《セルリアンに染まる愛》《日輪飛翔》制作。

  • 2001年5月

    58歳

    21世紀劈頭展「平面−立体その往還」(日本橋・髙島屋)に《愛のまわり舞台》《め》を出品。

  • 2001年5月

    58歳

    第23回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《パンドラの箱》(個展出品作)を出品。

  • 2001年6月

    58歳

    第57回日本芸術院賞を受賞する(独立美術協会第68回展出品作《蒼穹夢譚》に対して)。

  • 2001年7月

    58歳

    第23回十果会展に《雷神夢譚》《流星夢譚》を出品。

  • 2001年7月

    58歳

    アートごちそう帖(北海道立釧路芸術館)に出品。

  • 2001年10月

    58歳

    独立美術協会第69回展[東京都美術館]に《炎々明王夢譚》を出品。

  • 2001年10月

    58歳

    絹谷幸二カレンダーのための原画展(岡崎画廊)開催。

  • 2001年11月

    58歳

    愛と希望と生命の讃歌 絹谷幸二展(松山・いよてつ百貨店)開催。《画家とその友達》など41点を出品。

  • 2001年12月

    58歳

    日本藝術院会員となる。

  • 2001年12月

    58歳

    藤沢市30日美術館 今日の作家展(藤沢市民ギャラリー)に招待出品。

  • 2002年1月

    59歳

    両洋の眼 新美術主義の画家たち展(日本橋・三越本店)に《窓辺の裸婦》を出品。

  • 2002年1月

    59歳

    大本山永平寺高祖道元禅師750回大遠忌奉修ポスターの原画を制作。

  • 2002年1月

    59歳

    天祥大地 絹谷幸二展(日本橋・三越本店ほか)開催。《蒼穹夢譚》《北海道礼賛》《富嶽曙》《炎々明王夢譚》など38点出品。

  • 2002年1月

    59歳

    北海道立近代美術館開館25周年記念の《日月燐々北海道》3部作を制作する。

  • 2002年1月

    59歳

    DOMANI・明日展2002(安田火災東郷青児美術館)に《明王夢譚Ⅱ》が出品される。

  • 2002年1月

    59歳

    バレエ「カルミナ・プラーナ」〈文化庁芸術家在外研修制度35周年アートフェスティバル21〉(新国立劇場中劇場)の舞台美術を担当。

  • 2002年2月

    59歳

    東日本の美−山展(東京ステーションギャラリー)に《南部富士》《会津富士》が出品される。

  • 2002年4月

    59歳

    高松塚古墳発掘30周年記念特別シンポジウム(産経新聞主催)にて講演。

  • 2002年4月

    59歳

    今そして未来〈21世紀を担う巨匠〉展(日本橋・三越本店)に《文珠天祥富岳》などを出品。以後毎回出品を重ねる。

  • 2002年5月

    59歳

    第24回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)《炎々明王夢譚》(独立展出品作)を出品。

  • 2002年7月

    59歳

    第24回十果会展(日本橋・髙島屋)に《日月潮音不二山》《旭日黄金雲海富士》を出品。

  • 2002年8月

    59歳

    愛と希望と生命の讃歌 絹谷幸二展(香林坊大和)開催。《天祥大地》《明王夢譚》など37点を出品。

  • 2002年8月

    59歳

    「ことばのデッサン」を『アート・トリップ』に連載する。

  • 2002年10月

    59歳

    安井賞40年の軌跡展(茨城県つくば美術館)に《アンセルモ氏の肖像》が出品される。

  • 2002年10月

    59歳

    独立美術協会第70回記念展(日本橋・髙島屋)に《天祥大地》出品。

  • 2002年10月

    59歳

    日本のかたち−文様−(神宮美術館)に《日月万丈富嶽》を出品。

  • 2002年10月

    59歳

    富嶽燦燦 絹谷幸二展作品展(上野・松坂屋)開催。《日の出秀峰富嶽》など20点を出品。

  • 2003年

    60歳

    《天空鳳凰飛翔》《菩提心》および立体作品《ウエディングケーキ蓬莱山》制作。

  • 2003年

    60歳

    法務省愛光女子学園にて絵画制作指導を行う。

  • 2003年1月

    60歳

    両洋の眼 新美術主義の画家たち展に《海を渡る風》《朝陽ヴェネツィア》を出品。

  • 2003年1月

    60歳

    現代日本画家50人 万葉歌を描く(銀座・松屋ほか)に《大和国原》を出品。

  • 2003年1月

    60歳

    富岳十二景展(日本橋・三越本店)に出品。

  • 2003年2月

    60歳

    〈独立美術協会70回記念展 輝け日本油画〉(なんば・高島屋ほか)に《愛の誕生》が出品される。

  • 2003年5月

    60歳

    黙示録-絹谷幸二(世田谷美術館)開催。代表作を中心に初期から最近作に至る96点を出品。

  • 2003年5月

    60歳

    『画文集 風の道仏の道』(日本放送出版協会)刊行。

  • 2003年5月

    60歳

    絹谷幸二展〈現代作家デッサン・シリーズ〉(銀座・松屋)開催。

  • 2003年6月

    60歳

    第25回日本秀作美術展(日本橋・髙島屋)に《天祥大地》(独立展出品作)を出品。

  • 2003年7月

    60歳

    第25回十果会(日本橋・髙島屋)に《日月潮音富岳》《太陽の街》を出品。

  • 2003年10月

    60歳

    独立美術協会第71回展(日本橋・髙島屋)に《天空の宴》出品。

  • 2003年11月

    60歳

    絹谷幸二展〈天空の夢〉(日本橋・高島屋ほか)開催。《天空の夢》《天空の調》など64点を出品。翌年2月まで大阪、京都、横浜などの高島屋を巡回する。

  • 2003年11月

    60歳

    『ウソ力〔想像力〕の鍛え方』(日本経済新聞社)刊行。

  • 2004年1月

    60歳

    元日放送「日本のうた絵巻」(NHK)に出演。

  • 2004年1月

    61歳

    2004両洋の眼・現代の絵画展(日本橋・三越本店)に《海わたる風 朝陽ヴェネツィア》を出品。

  • 2004年1月

    61歳

    ニューヨーク総領事館に《希望の太陽》制作。

  • 2004年2月

    61歳

    ブラジルを取材旅行。

  • 2004年2月

    61歳

    みなとみらい線開通記念して横浜駅に設置される巨大陶板壁画《VIVA YOKOHAMA》の原画を制作。

  • 2004年2月

    61歳

    中日新聞主催〈日本画対洋画〉に《花飾りの少女》を出品。

  • 2004年2月

    61歳

    朝日新聞主催〈耀け日本油画〉(日本橋・髙島屋)に《アモーレⅡ》を出品。

  • 2004年3月

    61歳

    幸・歌会始御題によせて《旭日万国讃歌》を出品。(伊勢神宮美術館)

  • 2004年3月

    61歳

    『絹谷幸二画集2』(求龍堂)刊行。

  • 2004年5月

    61歳

    日本橋・髙島屋リニューアルのシンボル画《髙島屋の薔薇》制作。髙島屋全店を絹谷の薔薇でディスプレイする。

  • 2004年5月

    61歳

    巨匠展−今そして未来(日本橋・三越本店)に《カルネバーレ》ほかを出品。

  • 2004年6月

    61歳

    絹谷幸二展(前橋・すずらん)開催。

  • 2004年6月

    61歳

    絹の会展開催。絹谷幸二研究室から巣立った俊才たちが主催し、以後毎年開催。

  • 2004年7月

    61歳

    第26回十果会展(日本橋・髙島屋)に《豊穣の女神》ほかを出品。

  • 2004年7月

    61歳

    世界の巨匠が描いたオリンピックポスター展(ポーラ美術館)に長野冬季オリンピックポスター《銀嶺の女神》を出品。

  • 2004年8月

    61歳

    絹谷幸二展(藤沢、横須賀・さいか屋)開催。

  • 2004年8月

    61歳

    イタリア・ナポリ、ソレント半島、シチリアに取材旅行。

  • 2004年10月

    61歳

    東美特別展・絹谷幸二新作展(新橋・東京美術倶楽部)開催。

  • 2004年10月

    61歳

    独立美術協会第72回展[東京都美術館]に《日輪天祥慈愛》出品。

  • 2004年10月

    61歳

    文化庁買上優秀美術作品展 戦後美術 俊英の煌めき〈平山郁夫・山口長男から千住博・絹谷幸二まで〉(川越市立美術館)に《アンジェラと蒼い空Ⅱ》(1976)が出品される。

  • 2004年11月

    61歳

    『日本経済新聞』文化欄に「絵空事の力・十選」を連載する。

  • 2004年12月

    61歳

    広島そごう30周年記念事業〈太陽燦燦−絹谷幸二展〉開催。

  • 2005年3月

    62歳

    絹谷幸二展〈元気が湧き、夢がふくらむ無限大の空間〉(渋谷・東急百貨店本店)開催。

  • 2005年4月

    62歳

    〈絹谷幸二−天空の宴展〉(名古屋・松坂屋本店)開催。《日輪天祥慈愛》《愛・地球博(共生)》などを出品。5月まで銀座と静岡の松阪屋を巡回。

  • 2005年4月

    62歳

    絹谷幸二展(大阪・京阪百貨店)開催。

  • 2005年7月

    62歳

    第27回十果会展(日本橋・高島屋)に《日月潮音雄大富士》《天空の宴・月鉾》を出品。

  • 2005年9月

    62歳

    絹谷幸二展〈夢みる力は生きる力〉(守口・京阪百貨店)開催。開業20周年記念

  • 2005年9月

    62歳

    絹谷幸二展(大阪・心斎橋そごう)開催。開店記念

  • 2005年10月

    62歳

    独立美術協会第73回展[東京都美術館]に《自画像・夢》出品。

  • 2005年11月

    62歳

    高輪会・絹谷幸二展(東京高輪プリンスホテル)開催。

  • 2006年

    63歳

    《漆黒の自画像》制作。

  • 2006年2月

    63歳

    開館20周年記念 世田谷美術館展2006(世田谷美術館)に《語り合う二人》(2001)が出品される。

  • 2006年2月

    63歳

    フランスを旅行。フランス西海岸のモンサンミッシェルを訪れる。

  • 2006年3月

    63歳

    平壌を訪問。高句麗古墳を見学。

  • 2006年4月

    63歳

    絹谷幸二展〈イタリアを描く〉(日本橋・三越本店)開催。翌年3月まで松山、名古屋、仙台、新潟、札幌、福岡の三越を巡回する。

  • 2006年5月

    63歳

    〈巨匠展−今そして未来〉(日本橋・三越本店)に《裸婦》《希望の街ヴェネツィア》を出品。

  • 2006年6月

    63歳

    〈絹谷幸二ワールド展〉(日本橋・高島屋)開催。

  • 2006年7月

    63歳

    第28回十果会展(日本橋・髙島屋)に《想い・情景Ⅰ》《想い・情景Ⅱ》を出品。

  • 2006年7月

    63歳

    絹谷幸二展〈色彩と夢の力は元気の源〉(大阪・阪神百貨店)開催。

  • 2006年8月

    63歳

    2010年上海国際博覧会に向けて発足した「国際博覧会に関する有識者懇談会」のメンバーとなる。

  • 2006年9月

    63歳

    湖南省長沙で開催された第1回中国中部博覧会の日本代表団団長として訪中、開会式に出席。

  • 2006年9月

    63歳

    昭和の前衛油彩画〈独立美術協会の作家たち〉(広島県・蘭島閣美術館)に《南風(風跡)》が出品される。

  • 2006年10月

    63歳

    「絹谷幸二年譜」『絹谷幸二全作品集』(ビジョン企画出版社)刊行。

  • 2006年10月

    63歳

    独立美術協会第74回展[東京都美術館]に《室内微風》出品。

  • 2007年

    63歳

    髙島屋美術部創部百年記念 現代日本画・洋画 名家百画展(日本橋・髙島屋ほか)開催。

  • 2007年1月

    63歳

    日本藝術院主催「子供 夢・アート・アカデミー」を母校・奈良教育大学附属中学校で実施。以後、全国各地の数多くの学校を訪問することになる。このプロジェクトは日本藝術院会員がゆかりの小中学校・高校を訪問して実技指導・講話を行う社会貢献事業で、2005年から始められた。

  • 2007年4月

    64歳

    双穹の翼 絹谷幸二・幸太展(銀座・日動画廊)開催。名古屋日動画廊に巡回。

  • 2007年8月

    64歳

    絹谷幸二〈大和創業85周年記念〉展(金沢香林坊・大和)開催。

  • 2007年10月

    64歳

    独立美術協会第75回展(六本木・国立新美術館)に《もう一人いる私》出品。

  • 2007年10月

    64歳

    日本美術「今」展〈東京藝術大学創立120周年記念企画〉(日本橋・三越本店)に《NELLA SABIA(砂の中)》(1982)が出品される。

  • 2007年12月

    64歳

    絹谷幸二カレンダー原画小品展(日本橋・三越本店)開催。

  • 2007年12月

    64歳

    旅展〈異文化との出会い、そして対話〉(六本木・国立新美術館)に《蒼天富獄龍宝図》が出品される。文化庁芸術家在外研修制度40周年記念〈文化庁芸術家在外研修の成果〉

  • 2008年

    65歳

    年初、コロンビアの日本大使館の依頼で美術コンクール「ボテロ賞」の選考委員を務める。

  • 2008年1月

    65歳

    絹谷幸二作品展(大阪・ギャラリースピカ)開催。

  • 2008年1月

    65歳

    上海を訪問し、「日本・関西・奈良を語る集い」(上海ヒルトンホテル)にパネリストとして参加。

  • 2008年2月

    65歳

    平城遷都1300年記念祭マスコットの選考委員をつとめる。

  • 2008年5月10日

    65歳

    奈良県を訪れた胡錦濤中国国家主席の歓迎昼食会(県新公会堂)に出席。

  • 2008年6月

    65歳

    ソウルを訪問し、「日本・関西・奈良を語る集い」(ソウル・ロッテホテル)で講演をする。

  • 2008年6月

    65歳

    東京メトロ副都心線開通記念に渋谷駅陶板壁画《きらきら渋谷》制作。

  • 2008年6月

    65歳

    東京メトロ副都心線開業記念 パブリックアート展(クレアーレ青山アートフォーラム)に原画《きらきら渋谷》などが出品される。

  • 2008年7月

    65歳

    第30回記念十果会(日本橋・高島屋)に《緑の大バランス》《旭日薔薇船出》を出品。

  • 2008年9月

    65歳

    35歳以下の優れた若手画家を顕彰する具象系絵画の登竜門「絹谷幸二賞」を毎日新聞社主催で創設。優れた新進洋画家を輩出し1997年に第40回で終了した「安井賞」に代わるものとして毎日新聞社に提唱、実現した。(大賞賞金・諸経費として毎年300万円を拠金。)

  • 2008年9月

    65歳

    髙島屋美術部創設百年記念 絹谷幸二展−情熱の色・歓喜のまなざし(日本橋・髙島屋ほか)開催。

  • 2008年10月

    65歳

    独立美術協会第76回展[六本木・国立新美術館]に《蒼天富嶽双龍飛翔》を出品。

  • 2009年

    65歳

    《蒼天富岳龍宝図》制作。

  • 2009年1月

    65歳

    『産経新聞』に「アートな匙加減」を連載。

  • 2009年2月

    66歳

    第1回絹谷幸二賞が発表される。

  • 2009年10月

    66歳

    独立美術協会第77回展[六本木・国立新美術館]に《薔薇の贈り物》出品。

  • 2009年12月

    66歳

    絹谷幸二の世界展(岡山・天満屋本店ほか)開催。天満屋創業180周年記念

  • 2010年

    67歳

    日中文化交流協会理事に就任。

  • 2010年1月

    67歳

    東京藝術大学退任記念展、「絹谷幸二 生命の軌跡 ars vita esta・vita ars esta」展(東京藝術大学大学美術館)開催。

  • 2010年2月

    67歳

    ワンダーシニア30展〈現代日本の画家が描く、それぞれの昭和、平成〉(横須賀美術館)に《諧音の詐術》(1966)、《蒼に染まる想い(巡りくる時)》(2008)が出品される。

  • 2010年3月

    67歳

    東京藝術大学教授を退任。

  • 2010年4月

    67歳

    東京藝術大学名誉教授、大阪芸術大学教授となる。

  • 2010年4月

    67歳

    輝け−独立美術〈独立美術協会80回記念展にむけて〉Vol.1(日本橋・三越本店)に《五月黄金富士》を出品。

  • 2010年5月

    67歳

    上海万国博覧会の日本産業館パビリオン入口に天井画LED《日月天飛翔》制作。

  • 2010年6月

    67歳

    日本美術家連盟理事に就任する。

  • 2010年10月

    67歳

    NHK衛星第2テレビ(BS2)番組・平城遷都一三〇〇年中継「あなたの知らない奈良〈美と風景と生き方の再発見物語〉」に出演。

  • 2010年10月

    67歳

    独立美術協会第78回展(六本木・国立新美術館)に《発火激情(平和を祈る自画像)》出品。

  • 2010年10月

    67歳

    絹谷幸二展〈夢みる力は生きる力〉(守口・京阪百貨店)開催。開業25周年記念

  • 2010年10月

    67歳

    日本藝術院・大韓民国藝術院交流展(日本藝術院)に出品。

  • 2011年1月

    68歳

    文化庁・日本芸術院主催「子ども 夢・アート・アカデミー」講師として全国の小・中・高等学校を訪問。2011年は35校で出張授業を行う。

  • 2011年1月

    68歳

    NHKラジオ番組・ラジオ深夜便「わたしのアート交遊録」(聞き手・石澤典夫)に出演、放送される。

  • 2011年3月

    68歳

    東日本大震災、個展のための大作群を制作中であった。第3回絹谷幸二賞が発表されるが、授賞式は東日本大震災のため5月に延期となる。また、被災地をはじめ全国の小中学校・特別支援学校等を訪れて「子供 夢・アート・アカデミー」に積極的に取り組む。

  • 2011年3月

    68歳

    絹谷幸二の世界展〈湧き上がる元気〉(姫路・山陽百貨店)開催。

  • 2011年4月

    68歳

    輝け−独立美術〈独立美術協会80回記念展にむけて〉Vol.2(日本橋・三越本店)に《天空日月湖上富士》を出品。

  • 2011年6月

    68歳

    東日本大震災被災地支援チャリティ展「文化人・芸能人の多彩な美術展」(鳴門・大塚国際美術館)に長嶋茂雄との合作《富嶽朝陽》を出品。

  • 2011年6月

    68歳

    心・祈り・ふるさと日本 絹谷幸二展(日本橋・三越本店)開催。
    《富嶽飛龍日月》《再生日本宝舟》《波乗り七福神》《双龍富岳朝陽》《旭日潮音七福神》《正夢・一富士二鷹三茄子》《日月万丈富嶽》《那智の滝八咫烏》

  • 2011年10月

    68歳

    一宮市制90周年記念 特別展 絹谷幸二展(一宮市博物館)開催。

  • 2011年10月

    68歳

    独立美術協会第79回展(六本木・国立新美術館)に《転依権現自画像》出品。

  • 2011年11月

    68歳

    飛鳥アートプロジェクト2011「絹谷幸二・希望 飛鳥からの風」展(奈良県立万葉文化館)開催。

  • 2012年

    68歳

    古事記の取材のため鹿児島から神武東征の瀬戸、鹿児島神社、野間岬、高天原、霧島、宮崎神宮、鵜戸神社、美々津などをめぐる。

  • 2012年

    68歳

    《黄泉比良坂》《天の岩戸 魑魅魍魎跋扈》《天の岩戸 アメノウズメとタヂカラヲ》《天の岩戸 曙光》《アマテラス》《天孫降臨Ⅰ》《天孫降臨Ⅱ》《大和高天の原・天孫降臨》《国つ神 大国主神》《光輝 大和遠望》《大和心 ヤマトタケル》《叫び ヤマトタケル》《火中剣 草薙の剣》および立体作品《天の岩戸》《天孫降臨》《神武ヤタガラス》《ヤマトタケル》制作。

  • 2012年8月

    69歳

    株式会社大和 創業90周年記念 絹谷幸二展(香林坊大和)開催。

  • 2012年10月

    69歳

    独立美術協会第80回記念展に《緑に染まる想い出》を出品。

  • 2012年10月

    69歳

    美悠久・夢無辺 絹谷幸二展(日本橋・髙島屋)開催。翌年1月まで大阪、京都、横浜、名古屋、岐阜の高島屋を巡回する。

  • 2012年10月20日-12月16日

    69歳

    『古事記編纂1300年記念特別展 絹谷幸二~豊穣なるイメージ~』(奈良県立美術館)開催。絹谷芸術の形成、開花、飛躍を辿る代表作とともに、主催者の依頼により日本各地を取材・制作した立体作品を含む大連作〈古事記シリーズ〉20点を発表。

  • 2013年

    69歳

    第81回独立展に《祝・飛龍不二法門》出品。

  • 2013年2月

    70歳

    NHKテレビ番組・日曜美術館「洋画家絹谷幸二 祈りのカンバス〈無著・世親菩薩への挑戦〉」に出演・放映される。

  • 2013年4月13日-6月2日

    70歳

    「絹谷幸二展 希望のイメージ」(平塚市美術館)開催。

  • 2013年5月

    70歳

    日本洋画壇を牽引してきた実力作家11名による「現代洋画サミット11展」(日本橋・三越本店)が発足、出品。以後毎年5月に開催され出品を重ねる。

  • 2013年7月

    70歳

    NHK教育テレビ(Eテレ)番組・こころの時代〈宗教・人生〉に出演・放映される。

  • 2013年10月

    70歳

    シンポジウム「文化省の創設を考える〈二〇二〇年、文化芸術立国の実現に向けて〉」(新橋・東京美術倶楽部)の問題提起を行う。

  • 2014年3月

    71歳

    あべのハルカスグランドオープン記念 絹谷幸二展(あべのハルカス近鉄本店)開催。

  • 2014年8月

    71歳

    独立美術協会の画友17名とのグループ展「センセーションズ セブンティーン〈絹谷幸二と17人の仲間たち〉」(日本橋・三越本店)が発足、出品。

  • 2014年10月

    71歳

    第82回独立展に《不動明王・阿吽》出品。

  • 2014年11月3日

    71歳

    平成26年度文化功労者となる。

  • 2015年

    71歳

    日中観光文化交流団団長として訪中。

  • 2015年3月

    72歳

    第66回日本放送協会 放送文化賞受賞。

  • 2015年4月

    72歳

    文化功労者顕彰記念 絹谷幸二展(日本橋・三越ほか)が開催され、大作《黄金背景富嶽旭日雷神・風神》などを出品。

  • 2015年10月

    72歳

    開館40周年記念−生命の讃歌−絹谷幸二展(伊東・池田20世紀美術館)開催。

  • 2015年11月

    72歳

    『日本経済新聞』文化欄の「私の履歴書」を執筆、1カ月(全29回)連載される。

  • 2016年4月

    73歳

    日本大学三軒茶屋キャンパスに大作壁画《朝陽日本一爛満湖上富士》完成。

  • 2016年7月

    73歳

    絹谷幸二著『絹谷幸二自伝』(日本経済新聞社)刊行。

  • 2016年10月

    73歳

    第84回独立美術協会展に《黄泉比坂》を出品

  • 2016年12月

    73歳

    梅田スカイビルタワーウエスト27階に「絹谷幸二 天空美術館」が開館

  • 2017年6月

    74歳

    絹谷香菜子との共作《生命輝く》を製作

  • 2017年8月22日-2017年10月15日

    74歳

    京都国立近代美術館にて「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」開催

ページの先頭へ