ホーム > 展覧会 > GROUP EXHIBITION

EXHIBITION

グループ展 GROUP EXHIBITION

『Sensations17』~絹谷幸二と17人の仲間たち~

開催予告

会期

2015年8月26日(水)~ 9月1日(火)

ギャラリートーク:8月30日(日)午後3時~

会場 日本橋三越本店 6階 美術特選画廊

パンフレット(PDF)

パンフレット
<PDF/755K>
コメント 三越さんたってのご要望により、「絹谷幸二と17人の仲間たち」という冠をいただき、私も独立展の画友達とのグループ展に参加させていただいている。
画家は本来一人一人の孤い立ちかえった仕事なのだが、はたして長い年月を一人孤独に絵を描いていくとういことは並大抵のことではない。
晩夏の本展や十果会、サミット展、そして個展と休む暇もないぐらいだか、もしこれからの展覧会が無ければ本来なまけ者の私は魚釣りやスキューバーダイビングに打ち興じているにちがいない。
独立展の仲間と時代を共に過ごし、語り合い、盃をかわせる喜びはつきない。

『Sensations17』~絹谷幸二と17人の仲間たち~

開催終了

会期

2014年8月27日(水)~9月2日(火)

ギャラリートーク:2014年8月30日午後2時~

炎々不動明王/F20

炎々不動明王/F20
会場 日本橋三越本店 6階特選画廊

パンフレット(PDF)

パンフレット
<PDF/3.4MB>
ごあいさつ この度、独立美術協会で活躍する画友十七人にお声がけし、センセーションズ セブンティーンという会名でグループ展を立ち上げることになった。
秋の本展直前の真夏に一汗も二汗も、『冷汗』もかいて勉強会をし、本展への除草となれば良い、といったおもむきか。大作のエスキースが、中・小品に結実した作になるか、又は三越日本橋店というあらたまった発表の場を得て、進取の気性に満ちた新しい発見の作になるか…この展覧会の楽しみはつきない。
そして独立という名が示す通り、各個人がそれぞれに独立し、群れずお互いに切磋琢磨し、個性の翼を大きくはばたかせる場となればこれ以上の喜びはないといえるのだろう。

第80回 独立展

開催終了

日 時 2012年10月17日(水)〜29日(月)

独立展

場 所 国立新美術館
リンク 独立美術協会 ホームページ
備 考 独立美術協会は1926年から1930年にかけて5度開催された佐伯祐三、前田寛治を中心とする1930年協会展が発端となり、二科会ほかの団体を超えて気鋭の作家が集まり1930年に組織されました。
絹谷幸二は、第34回展(1966年)・第35回展(1967年)に独立賞を受賞し、1968年に独立美術協会の会員となりました。
第80回展につきましても作品を出品する予定です。

*新聞社、出版社、百貨店、画廊、ブログオーナー様で関連する記事など作成されましたら、artstyle.jp@gmail.com宛にお知らせ頂けましたら幸いです。

  • 個展 EXHIBITION
  • グループ展 GROUP EXHIBITION