ホーム > 絹谷幸二賞 > THE AWARD 2015

AWARD

2014 第7回 受賞者 THE AWARD 2014

2012 第7回 受賞者
~毎日新聞より~
25日朝刊19面「第7回絹谷幸二賞」特集で、回答を寄せた推薦者のうち「山中俊弘」さんとあるのは、「山中俊広」さんの誤りでした。おわびして訂正します。
毎日新聞:PDF(481K)
最終選考 第7回 絹谷幸二賞:谷原菜摘子
第7回 絹谷幸二奨励賞:久松知子
2次選考 2月初旬の2次選考でも、最初に各委員が推したい人を挙げた。 ここで谷原、久松、三井に絞られたが、谷原と久松の優位は変わらず。素材を熟慮し、独自の世界をつくっている谷原が本賞となった。三井も密度の高さで評価されたが、一歩及ばなかった。 
1次選考 1次は、各委員が気になった画家を挙げることから始まった。全員が興味を示したのは、谷原と久松。その後、全候補者について論議を重ねた。評価の基準になったのは、オリジナリティーや、画面に表れる技法の説得力。また、「絹谷幸二賞は、受賞者以外の若手画家にも<チャンスはある>と勇気を与えられるような存在であるべきだ」という賞の性格もたびたび確認され、挑戦意欲も論議された。その結果、先の2氏に加え興梠優護、三井淑香の計4氏が2次選考へ進んだ。
選考委員 3名 山下裕二  [明治学院大教授]
鴻池朋子  [美術家]
原久子   [大阪電気通信大教授]
推薦された人たち 【推薦された候補者は、22歳から35歳までの30人。(うち4人はそれぞれ2人から推薦)で、女性が22人。】
赤松亜美、淺井裕介、生島国宜、今井麗、瓜生祐子、衣川明子、興梠優護、児玉香織、後藤拓朗、小西紀行、衣真一郎、高松明日香、武内明子、田中千智、谷原菜摘子、谷保玲奈、玉井祥子、中園孔二、箱嶋泰美、蓮輪友子、久松知子、風能奈々、堀江栞、堀川すなお、三井淑香、守屋亜矢子、八頭司昂、山内望起子、横野明日香、吉岡千尋
回答を寄せた推薦者 【毎日新聞社が、全国の美術館学芸員や美術評論家、ジャーナリストら56人に推薦を依頼。34人から回答を得た。】
尾崎信一郎、翁長直樹、OJUN、加藤義夫、川浪千鶴、岸桂子、黒田雷児、児島やよい、小松崎拓男、坂本顕子、渋沢和彦、清水有香、正路佐知子、角奈緒子、高階秀爾、竹口浩司、徳山拓一、中井康之、名古屋覚、西澤美子、野地耕一郎、土方明司、藤田一人、藤本真帆、保坂健二朗、堀元彰、本田代志子、牧野裕二、三井知行、宮本武典、村田真、山口裕美、山中俊広、和田浩一(50音順、敬称略)

*新聞社、出版社、百貨店、画廊、ブログオーナー様で関連する記事など作成されましたら、artstyle.jp@gmail.com宛にお知らせ頂けましたら幸いです。

  • ABOUT THE AWARD 概要
  • 2016 第8回受賞者
  • 2015 第7回受賞者
  • 2014 第6回受賞者
  • 2013 第5回受賞者
  • 2012 第4回受賞者
  • 2011 第3回受賞者
  • 2010 第2回受賞者
  • 2009 第1回受賞者